車を売りたいと思ったらどんな方法がある?

車を売りたいと思ったらどんな方法がある?

あなたが愛車を売りたいと思ったそんなとき、どんな方法で売るのがよいでしょうか?

 

まず思い浮かぶ方法としては、新車を買う時にディーラーに下取してもらったり、または車を欲しがっている知人に個人売買で売ったり…いろいろな方法が考えられます。しかし、その方法には落とし穴が隠れているのです。まず、ディーラーの下取りを受ける場合ですが、ディーラーでは査定は社内マニュアルに沿って行われるので、査定を担当する人がいくら腕の良い査定士でも、はたまた新人の査定士であっても全く同じ値段になることが多いものです。下取査定はその車種に応じて社内で取り決められた値段から、減点法によって行われるのが一般的ですので、査定額はあなたが希望している価格よりも安くなってしまうことでしょう。

 

個人売買はディーラーに下取をしてもらうより高く売ることが可能ですが、トラブルが付きまといます。例えば、あなたが車を売ってあげた人がその車で事故を起こしたらどうなるでしょう?相手の家族が事故が起きたのはあなたが売った車のせいだとして、あなたに賠償を要求するかもしれません。そうなったらお互い嫌な思いをすることになってしまいます。やはり売買には第三者を通したほうが安心です。

 

最も簡単かつ確実に、また納得の価格で売るためには、専門の中古車買取業者に依頼するのが良いでしょう。なにせ買取のプロですからあなたの愛車の価値をさまざまな面から正確に評価してもらえます。それでも査定価格で納得がいかなければ他の複数の業者にも査定を依頼して、一番高い値がついた業者に売却することだってできます。インターネットで簡単にたくさんの業者に一括査定を申し込むことができるのでとても便利です。
また、複数の業者による競売のような形になるので、査定額はあなたの想像以上に上がることだって少なくありません。
このように、複数の業者に査定をしてもらうと良いことがたくさんありますね!