中古のマーチを廃車にしました

中古のマーチを廃車にしました

鮮やかなオレンジ色のマーチを買って3年。

 

中古で買ったということもあって、当初からエンジンなどに不具合が発生していました。また近くのスーパーやドラッグストアに買いに行く時だけに使う車であるのに、燃費がとっても悪い。

 

数回乗ると極端にガソリンの減りが気になるので、次第にマーチに飽きてきました。「廃車」とインターネット上で打つと、買取というワードが出て来ることがあります。

 

今や廃車にはコストはほとんどかからないみたいで、かなりのポンコツ車であっても、買い取りを行ってくれる業者があるそうです。

 

私の知り合いで車に詳しい男がいますが、彼いわく「事故車であっても、多少の金額で買い取れる」と自慢気に話していました。僕の車はさすがに事故車ではありませんが、度々駐車場の縁石などにぶつけているので、お世辞にもキレイと言える外観ではありません。

 

「こんなオンボロ車でも買い取ってくれるのかな…」と正直半信半疑でいました。そんなうちに季節が過ぎ、新しい車を買い替えることに。今度は小回りがきき、ペーパーの妻でも気軽に乗ることができる小型の軽に。軽を販売していたメーカーは日産ではなかったのですが、マーチを買い取ってくれるということに。

 

「こんな車でも売れるんですか?」「もちろんです。国内がダメな場合は、海外に売るという手もありますから。」担当者は涼し気に話してくれました。

 

国内で売るのが難しい場合はフィリピンやインド、タイなどの海外に売るそうです。国内で需要が見込めない車であっても、車が貴重な海外だと新車同様に扱ってくれるみたいです。

 

ちなみに中古で買った僕のマーチの買取金額は、4万円でした。タダでもいいかと思っていたので、低価格ですが妥当かとも思えました。