鉄くず屋で廃車を売却した経験談について

鉄くず屋で廃車を売却した経験談について

私は現在30代の男性です。仕事はエクステリアの会社に勤めています。先日、会社の作業車の廃車手続きを行いました。今日はその時の体験談について記したいと思います。

 

その車はマツダのボンゴです。貨物用のボンゴで、後ろが平台となっているタイプのものです。

 

元々、大工さんから安く譲り受けたものでしたので、すでにその時点で走行距離はそれほどではなかったのですが、年式は10年を超えていました。

 

実際に、仕事で使っていたのですが、すでに古かったということもあり、バッテリーなども弱くなっていたため、ちょっと寒くなるとすぐにエンジンがかからなくなるということがありました。そのため、2年ほど経ってさらに車検を迎えた時に廃車にすることにしました。

 

最初は付き合いのある車の修理工場を通して廃車の手続きを行うことになっていたのですが、今はリサイクル料としてお金がかかってしまうということで、お金がかからないところがないかを探しました。探している時に、付き合いのある鉄くず屋さんに聞いてみたところ、タダではなくむしろ5万円も買取代としてもらえることが分かり、そちらに売却することにしました。

 

手くず屋さんの話によると、一昔前よりも鉄の価格は安定してきたのですが、それでもまだまだ需要があるので、買い取りたいという業者はたくさんいるという話でした。

 

もしみなさんも機会があれば、鉄くず屋さんに尋ねてみると良いと思います。

 

思わぬ価格で買い取ってくれるかもしません。