所有者が亡くなった車の処分方法

所有者が亡くなった車の処分方法

所有者が無くなって車を処分したい!と思っても車に詳しくないから何をどうやっていいか全然わからないという方もいると思います。

 

車の所有者自身が処分等をする場合はある程度車に関する知識もあるので比較的簡単に手づつきできると思いますが、
車に詳しくないと中々意味分からないかもしれません。

 

そんな時のためにこの記事では所有者がなくなった場合の車の処分方法をご紹介します。
まずこの場合は、所有者は亡くなってるので代理人が廃車手続きをすることになります。
またこの場合は通常の廃車、買い取りの手続きとは違う書類が必要になってきます。
以下に必要な書類をご紹介しますので用意しておくようにしてください。

 

 

・戸籍謄本・・・・亡くなった方との親族確認を確認するための書類です。(市役所・区役所で請求できます。)

 

・除籍謄本・・・・車の名義人が亡くなってることを証明するための書類です。(市役所・区役所で請求できます。)

 

・遺産分割協議書

 

・実印・・・・新しく所有者になる方の実印です。遺産分割協議書によって決められてます。

 

・印鑑証明書・・・・(市役所・区役所で受け取れます。)

 

 

これは車の所有者の方が無くなった場合の特殊な書類になります。
それ以外の廃車方法は普通車の場合と同じ手続き・書類になります。

 

所有者が無くなった場合は遺産関係で色々な問題が発生し個人での解決は大変な場合があるので
その場合は司法書士などの専門家の方などに相談することをお勧めします。