ローンの支払いがまだ残っている車は処分出来る?

ローンの支払いがまだ残っている車は処分出来る?

あなたは「売りたい車があるのにまだローンが残ってる・・・売れるのかな?」という悩みはありませんか?
やはりお金に関することはキッチリさせておきたいですね。

 

今回のこの記事では「ローンが残ってる車の買い取り」についてご説明します。

 

まずはローンが残っている車でも売ることは可能です。
売ったお金でローンを返せば大丈夫ですので。

 

そして売却方法も通常の車の売り方と同じく、「買い取り業者に出す」「オークション」などの方法があります。
ローンの返し方としては、

 

・売ったお金で返す
・売ったお金に足りない部分を足して返す

 

という形になります。

 

またここの場合は「車買取専門店」にお願いすることをオススメします!
理由としては買い取り価格が返済価格より低くてもまたローンを組みなおせるからです。
ですので比較的簡単に問題を解決できます。

 

そしてローンを組んでいる場合は特に「少しでもいいから買い取り価格を高くしたい!」と思うと思います。
ですので買い取り価格を少しでも上げる方法を紹介します。

 

まずは複数の業者に査定を依頼することです。
たまに少ししか依頼しないで売却してしまう方がいますが正直とてももったいないです。
複数に査定をしてもらえば少しでも高い業に買い取ってもらう事ができますし、何よりお金もかからないのに手軽に始められる買い取り価格の上げ方です。

 

ですのでできるだけたくさんの査定を依頼して少しでも高く売ってローンの負担を減らしましょう!

 

 

廃車処分で税金が戻ってくる?

誰もが、廃車するときには値段を抑えたいと思うと思います。

 

でもどうやって抑えられるの?と思いますよね。
しかし税金が戻ってくるとしたらどうですか?

 

「おお!!」と期待してしまいますね!

 

今回のこの記事では、そのような廃車の時の税金などの関係についてご紹介します。
まず自動車関連で払う税金の中で「自動車重量税」というものがありますね。
これは自動車の重量に応じて新しく車を買ったときや車検などの時に払う税金になります。

 

そしてこの税金は数年ごとに車検で払うので廃車した日から次の車検予定日までの税金を多く払ってることになります。
その税金を返してもらう事ができてその制度の名前を「自動車重量税還付制度」と言います。