自動車リサイクル料金ってどんなものなの?

自動車リサイクル料金ってどんなものなの?

車検などの時に「リサイクル料金」を払うように言われることがあるかと思います。
「リサイクル料金?何で払わなきゃいけないの?」と思うかもしれませんね。

 

そんな風に思ったときのためにリサイクル料金について何で払うのか?どういう時に役立つのか?などについてご説明します。

 

まずリサイクル料金を払わないと永久抹消登録ができなくなります。

 

また、通常、廃車するときには料金を自分で払うことになりますが、リサイクル料金を払っていれば廃車するときの業者などに伝えればリサイクル料金分戻ってきます。

 

そしてですね

 

・普通自動車 およそ1〜3万円
・軽自動車 およそ7000円〜2万円

 

ほどの料金が必要になってきて

 

・新車購入
・車検
・廃車 (永久抹消登録)
の場合に支払い義務が生じて払わないと、車検を受けることも永久抹消登録ができなくなります。

 

 

ではここで1つ疑問が出てくるかもしれません。

 

それは「何でリサイクル料金を払わなければいけないのか?」という疑問ですね。
「廃車する予定もないのに何で払わなければいけないんだ!」と思いますよね。

 

その理由としては、使用済みの自動車を解体する場合には、色々な有害物質やゴミなどが出てきます。
そしてそれらの処分には費用がたくさん掛かってしまい、廃車の業者などによって不法放棄されたことが問題になったからです。
それを適正化するために自動車の所有者に負担してもらうという事になったわけです。

 

リサイクル料金を払う事に納得いかないかもしれませんが、払わなくても良いことはありませんので素直に払う事が無難かと思います。