ナンバープレートを紛失しても車の処分できる?

ナンバープレートを紛失しても車の処分できる?

ナンバープレートを失くしてしまうということは、普通に車を使っているとほとんどそんなトラブルにはならないのですが、盗まれてしまったり、ナンバープレートを外して保管しておこうと思って取っておくと、失くしてしまうことがあります。
もし、ナンバープレートを失くした場合には、廃車の手続きをする前にやっておかなければならないことがあります。

 

警察署で紛失届を提出する

 

ナンバープレートを失くした場合には、そのまま廃車の手続きをすることはできません。
そのため、警察署で紛失届を提出する必要があります。
紛失届を提出するためには一度警察署へ行き、ナンバープレートの紛失届を出してください。
紛失届を提出すると、受理番号というものを受け取ることができ、次の手続きに必要になりますので、手続きが終わるまで大切に保管しておきましょう。
受理番号を受け取ると、次は陸運支局で手続きをする必要があります。
陸運支局では、理由書という書類がありますので、その中に警察署で受け取った受理番号を記載して、廃車の申請を行ってください。
その後は、廃車の手続きをする時と同じように手続きをするだけで、廃車処理の手続きができます。

 

ちなみに、ナンバープレートをもう一度発行してもらうためには、以下のような手続きをしましょう。

 

ナンバープレートを再発行する

 

@手続きに必要な書類を用意する
手続きをする前に、必要になる書類を用意しましょう。
用意する書類は車検証、印鑑、理由書、納税申告書です。

 

A仮ナンバーを取得する
仮ナンバーは管轄の陸運支局で、自賠責保険証、車検証、運転免許証、印鑑、発行料(750円)を持って手続きに行けば、簡単に取得できます。
仮ナンバーを取得した後は陸運支局に行きましょう。

 

Bナンバープレートを購入する
陸運支局に行ったら、@で用意した書類を提出した後は、ナンバープレートを1,500円で購入できるようになります。
ナンバープレートを購入した後は、その場で仮ナンバーを外して新しいナンバープレートを取り付けましょう。
新しいナンバープレートをする時には、封印をする必要がありますので、係員に封印をしてもらってください。

 

C登録番号を変更する
ナンバープレートが変わったら、登録番号が変わります。
例えば、自動車税の登録番号や保険会社の登録番号などです。
保険会社や自動車税の窓口などで、ナンバープレートが変わったことを伝えて手続きをしてください。

 

 

ナンバープレートは車にとっても大切な物ですので、失くした場合には上記の手続きを行ってください。