車の処分は無料で出来る?

車の処分は無料で出来る?

車を処分するには、廃車するか買い取りしてもらうかがあります。

 

買い取る場合はお金を貰って処分することができますが、問題は廃車の時ですよね。

 

通常の冷蔵庫などの家電は粗大ごみでお金を払って捨てるので車ともなるとさらにお金がかかりそうと思う人もいるかもしれません。

 

しかし!
車は中古でも多数出回っていますし、何より日本の車はとても性能がいいです。

 

一つ一つのパーツも素晴らしいですのでそのパーツだけでも買い取る価値があるのです!
ですので保険が切れてても、事故でボロボロになっても、基本的には買い取ってもらう事ができます。
基本的にはどんな車でも基本的には買い取ってもらう事ができますし、廃車にしてしまう事はすごくもったいないかなと思います。

 

もともとお金を払って処分しようと考えていた場合は無料で処分できただけで得をしたと思いますが、誰もがどうせなら買く売りたい!と思いますよね。
ですのでこれはやっておいておいた方がいい!って言う事を簡単にご紹介します。

 

・雨よけをする
・洗車をする

 

以上をやっておくとだいぶ違うと思います。

 

雨よけと洗車をするとボディがだいぶ綺麗になりますし、業者が洗車等をする作業を少しでも、はぶいたら、買い取り価格はだいぶ上がります。
雨よけに関しては、屋根のある場所かシートをかぶせて保管すればOKでしょう!

 

 

夜や雨の日は査定額があがる!?

査定を受けるときにはなるべく高い査定額を出してもらいたいものですよね。

 

夜や雨の日に査定してもらうと査定額があがるということを聞いたことがあるでしょうか?通常、査定を受ける際にキズが多くあったりすると査定が下がってしまうものですが、夜や雨の日に査定を受ければキズなどが見え難いため、査定額が上がると言われます。

 

確かに、業者側としては晴れた日の日差しの下で査定をするのと比べて、雨や夜は査定しにくいのです。

 

車というものはどれだけ大切に乗ってきたとしてもキズや汚れが付いてしまうものです。ドアの小さなキズなどは昼に見ると意外と目立つものです。しかし、夜や雨の日には多少のキズや汚れは見えにくくなるので、その時に査定を受けることができればマイナスポイントをカバーすることができます。

 

実際、中古車買取業者の査定士もブログなどで「夜や雨の日は査定で見落としが多くなってしまう」といったようなことを漏らしている人もいます。ですから、夜や雨の日に査定を受けることは査定額を上げるために有効だと言えるでしょう。

 

しかし、次にその車のオーナーになる人のことを考えると、正直に申告したほうが良いこともあります。たとえば修復歴などを隠すのは良くないことですし、それがばれてしまっては査定額が大きく下がってしまうこともあります。また、査定人はその道のプロなので、包み隠さず車の状態を伝えておくほうが、気持ちの良い取引になります。
それに、夜や雨の日に査定を受けることになったとしても、基本的な手入れがなされていない車はすぐにわかってしまうので、日頃から愛車は綺麗にしておきましょう!