クラウン購入から15年で廃車

クラウン購入から15年で廃車

車には思い入れがあるので、出来れば廃車にはしたくありません。でも、購入から15年が経過し、あちこちガタが出きました。そして悲しくなるぐらい燃費が悪く、悲鳴を上げるぐらい税金や修理代が高い。

 

このギャップを長年埋めてきましたが、ついに限界を迎え廃車にする事を決定しました。クラウンは中古で購入したので、走行距離は約20万キロで年式も約20年経過と古くなってしまいました。それでも独特の乗り心地と安心感があり気に入っていました。
お金があれば修理して乗っていたかもしれませんが、最近の軽自動車の充実ぶりを見ていると、大型セダンは時代遅れだとも感じます。そして、ネットで廃車ドットコムからいちばん高い金額で引き取ってくれる業者にお願いをしました。

 

廃車にした結果、総額で約5万円ほどお金が戻ってきました。車体価格が3万円で残りは税金や保険だったと記憶しています。最初は出費になると覚悟していたので、思わぬ現金収支に嬉かったです。しかしそれは、長年乗ってきた愛車の値段なので複雑な思いです。しかし、いつまでも余韻に浸ってはいられません。

 

廃車に必要な書類は、印鑑証明書、委任状、車検証などです。どれも簡単に用意できるので、特別大変なものはありません。業者と日程や段取りをメールで決めて、当日は書類と車両を引き渡し、実にあっけないものでした。時間でいえば10分も掛かっていません。数週間後に書類が送られてきて、数日後と数ヵ月後の2回に渡ってお金が振り込まれて終わりです。最初が車両価格で、二度目が税金・保険の還付でした。

 

引渡し当日にあわてないよう、車から荷物やカーオーディオ等を取っておくのが良いです。思い出があるけど、ただの機械と割り切る心が必要だと思います。