車検証 住所 県外

車検証の住所が県外の場合の処分方法

結婚などで引っ越しをして住所が変わったのに車検証の住所は変更していなくて県外のままにしている方も多いかと思います。
そんな時に廃車、買い取りしてもらいたい時に、しっかり買い取ってもらえるのか?という心配もありますね。
なので、車検証の住所が現在の住所と違う時の廃車、買い取りの手続きや必要な書類などについてご説明します。

 

まずこのような、現住所と車検証の住所が異なる場合は「移転抹消」という手続きを行います。
「移転抹消」とは、自動車の所有者情報の変更を伴う抹消登録のことを言います。

 

つまり、住所の情報を変更してから、廃車をするという流れになります。
まず住所変更に必要なご紹介します。
以下のものなります。

 

・住所変更手続きに必要なOCRノート
手数料(数百円くらい)
・住民票などの住所を証明できる書類

 

が必要になります。

 

これに加えて永久抹消登録もしくは一時抹消登録に必要な書類も必要になってきます。
こちらはお店に頼む場合と自分でする場合では異なりますのでそれぞれの必要書類を紹介します。
お店に頼む場合は以下のものが必要です。

 

1. 所有者の印鑑証明書
    (発行日から3ヵ月以内のもの)

 

2.所有者の委任状
(所有者の実印の押印があるもの)

 

3.車検証

 

4.ナンバープレート (前後面の2枚)

 

5.「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

 

自分でする場合には以下の書類が必要です。

 

1.所有者の印鑑証明書

 

*発行日から3ヵ月以内のもの

 

2.所有者の委任状

 

*所有者の実印の押印があるもの

 

3.車検証

 

4.ナンバープレート *前後面の2枚

 

5.「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

6.手数料納付書

 

7.永久抹消登録申請書(及び解体届出書)

 

8.自動車税・自動車取得税申告書

 

 

 

これらの書類を持って行けば、通常の永久抹消登録と同じように車検証の住所が県外でも行うことができます。