車 処分 費用

費用は約2万円ほど。軽自動車の場合は多少安くなります。

自動車を処分するためには廃車手続きをするという方法がありますが、この場合に費用は約2万円ほどかかります。また、平成17年に自動車リサイクル法が施行されたことにより、自動車を廃車にしようとした場合は、その車ごとに定められた自動車リサイクル料金を支払う義務が発生しました。リサイクル料金についてですが、平成17年の2月以降に車検を行った車であれば、車検時に自動車リサイクル料金が徴収されていますので、廃車時には費用はかかりません。
自動車のリサイクル料金は車種やメーカー、また、生産国によって異なってくるので一定ではありませんが、普通車でだいたい2万円ほど、軽自動車では少し安くなって7000から8000円程度、海外からの輸入車の場合は2万円以上かかることを目安としておけばよいでしょう。

 

次に、自動車の登録を永久的に抹消しようと考えた場合は、車を解体することになります。自動車を解体する場合は、自動車の解体許可を受けている専門の解体業者で行い、解体が完了すると「解体証明書」を受け取ることになります。
解体証明書とナンバープレートを持って陸運局に行けば廃車手続きを行うことができます。廃車手続きを解体業者で代わりに行ってくれるところもありますが、手数料がいくらかかかってしまうことになります。一般的に、自動車の解体を行うと、ただ廃車手続きにするより費用が多くなってしまうということが少なくありません。

 

自動車を廃車、もしくは解体して処分しようと考えても、タダではできません。そんなとき、お得にすませたいと考えたら専門の買取業者に買取を依頼することを検討してみましょう。「この車は事故だけど売れるのかな…」などと思っても、まずは相談してみましょう。どんな状態の車でも、需要はあります!廃車手数料を浮かすどころか、高く売れて思わぬ収穫を得られるかもしれませんよ?