永久抹消登録とは|車の処分方法は?

車を廃車処分する場合にはいくつかの方法があります。

 

方法としては「永久抹消登録」「一時抹消登録」「輸出抹消仮登録」の3つがあげられますが、この記事では「永久抹消登録」についてご説明します。まず永久抹消登録とは既に解体済みであったりもう使わない車を廃車する際に利用する手続きです。

 

この永久抹消をする際にはいくつかの書類が必要になってきますが、お店に依頼する場合と自分でする場合では必要な書類が異なりますのでそれぞれ必要な書類をご紹介します。
まずお店に依頼する際に必要な書類は以下のものです。

 

必要な書類

 

1. 所有者の印鑑証明書
    (発行日から3ヵ月以内のもの)

 

2.所有者の委任状
(所有者の実印の押印があるもの)
3.車検証

 

4.ナンバープレート (前後面の2枚)

 

5.「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

 

自分で依頼する際に必要な書類

 

 

1.所有者の印鑑証明書
*発行日から3ヵ月以内のもの

 

2.所有者の委任状
*所有者の実印の押印があるもの

 

3.車検証

 

4.ナンバープレート *前後面の2枚

 

5.「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

 

6.手数料納付書

 

7.永久抹消登録申請書(及び解体届出書)

 

8.自動車税・自動車取得税申告書

 

 

これらの書類が永久抹消登録の際に必要になります。

 

 

 

手数料について

 

永久抹消登録には所定の手数料が掛かります。

 

項目としては、
永久抹消登録申請書・・・・・100円程度
代行業者に掛かる手数料・・・業者による
が必要です。

 

 

業者に頼む場合のおおまかな流れとしては以下のようになります。

 

 

1.自動車を業者に引き渡す
2.廃車に必要な書類を準備する
3.運輸支局に手続きをしに行く
4.ナンバープレートを返却する
5.抹消登録証明書を受け取る